スタディサロン 「日本国憲法と生活発創」を開催しました。

20191102スタディサロン_日本国憲法と生活発創
20191102スタディサロン_日本国憲法と生活発創

///////////////////////////

<タイトル>

日本国憲法と生活発創

 

<講師>

荒木 哲郎

生活クリエイディア・メンター

弁護士

 

■略歴

多様な分野の方とのコラボレーションをモットーに、不動産トラブルや相続問題から企業向け知財管理、個人情報保護法関連まで幅広く活躍中。

 

<日時>

日程:2019/11/02(土)

時間:15:00~17:00(終了後懇親会)

 

<場所>

東京都千代田区神田駿河台2丁目10 中茂ビル 3F

ダイニングうさぎ

///////////////////////////

アカデミーの実践的知識の自己研鑽の活動として、スタディサロンが開催されました。

 

タイトルはなんと、日本国憲法と生活発創!

ちょっと意外な組み合わせです。改憲議論もある中、時宜を得たテーマかも?

 

改憲といえば9条だけが話題になりますが、そもそも私たちは憲法のことをどこまで知ってるんでしょうか?

20191102スタディサロン_日本国憲法と生活発創2
20191102スタディサロン_日本国憲法と生活発創2

・法律論としての憲法の性質

・3つの基本原理

・基本的人権

 

荒木さんがポイントを優しく解説してくれます。

 

20191102スタディサロン_基本的人権と生活発創
20191102スタディサロン_基本的人権と生活発創

個人の尊厳と生活発創バリューに関係性があることを発見しました、と荒木さん。

 

 生活発創バリューにある

「人はみな生かされている」

「人は活かせる役割がある」 という言葉。

これは正に、生まれながらに持つ個々人の尊厳を尊重するということ。

 

基本的人権の一つとして「幸福追求権」があるという話には驚きました。

 

参加者一人ひとりが豊かな人生を送ることが目的の生活発創、「幸福追求権」の発露が生活発創バリューそのものだったんですね。

 

生活発創バリューの素晴らしさを再認識できたサロンでした。

荒木さん、ご参加いただいた皆さまありがとうございます。