スタディサロン 「フィデューシャリ―・デューティーってなに?」を開催しました。

20190803スタディサロン_フィデューシャリ―デューティー1
20190803スタディサロン_フィデューシャリ―デューティー1

///////////////////////////

<タイトル>

フィデューシャリ―・デューティーってなに?

~金融庁と金融機関の資産運用改革~

 

<講師> 村上 敦(つとむ)様

生活クリエイディア・シニアメンター

ファイナンシャル・プランナー(CFP)

 

■略歴

三和銀行にて支店長歴任後、複数企業にて企画開発部長、営業本部長、営業企画部長などに従事。 金融・不動産・相続・ライフの知識と様々な職種経験を基に、多様なライフステージにあった最適解を探求中。

 

<日時>

日程:2019/08/03(土)

時間:15:00~17:00(終了後懇親会)

 

<場所>

東京都千代田区神田駿河台2丁目10 中茂ビル 3F

ダイニングうさぎ

///////////////////////////

生活発創アカデミーの認定資格者(生活クリエイディア)が主催する、会員交流活動であるサロンが開催されました。

 

サロンには学びと自己研鑽を目的としたスタディサロンと任意参加型でビジネス活動を行うビジネスサロンがありますが、今回はスタディサロン。

 

タイトルは「フィデューシャリ―・デューティーってなに?」講師は村上さん。金融機関ご出身ならではのサロンです。

 

フィデューシャリ―・デューティーとは、2017年に金融庁が公表した金融機関における顧客本位の業務運営の原則のこと。

 

この原則が叫ばれるようになった、過去の金融業界事情や最新金融検査状況までを分かりやすく解説いただきました。

 

20190803スタディサロン_フィデューシャリ―デューティー2
20190803スタディサロン_フィデューシャリ―デューティー2

顧客本位の業務運営というと、当たり前のことのようですが…。

・かんぽ生命保険不適切契約18万件

・TATERU融資資料改ざん

・レオパレス21施工不良20000棟

・スルガ銀行不適切融資、業務改善命令

など、不祥事の話を聞くと、まだまだ道は遠いようです。

 

 

あっという間の楽しい学びの時間でした。

村上さん、ご参加いただいた皆さまありがとうございます。