生活発創ジャンボリー2020を開催しました。

///////////////////////////

~100年を生きる! 人生を楽しみながら生き抜く!~

 

日程:2020/02/11(火)

時間:13:00~17:00(終了後懇親会)

 

場所:東京都千代田区内神田1丁目18ー12 フォーラムミカサエコ

///////////////////////////

毎年2月11日は年次大会の日と定めています。場所は前年度と同じ内神田のフォーラムミカサエコ。

 

<内容>

・ゲーミフィケーション

・サロンマスター発表

・賛助会員ご発表

・2020年新役員発表、他

・杉谷遥果さんミニコンサート

 

今年はスタディサロンの開催実績の報告が各サロンマスターからありました。

トップバッターは山本さん。タイトルは「いい加減で適当なIT」元IT企業勤務経験を活かしての内容です。Dropbox、Evernoteなど、便利なITツールを紹介。

これからは全ての産業がIT産業化する、山本さんが力説されます。

業カウンセラーの渡部さんのタイトルは「こころとからだの融合」。色彩カードを使ったカラーセラピーを実践。

ゲーミフィケーションを取り入れ、楽しみながらの自分探しゲームでした。

相続コンサルタントの成島さんは「相続と生活発創」。「相続対策の前に争族対策」、「平等と公平は異なる」

多くの現場を見てこられた言葉には重みがあります。

その他、荒木、村上両氏からは、それぞれ「フィデューシャリ―デューティ(顧客本位の業務運営)」、「生活発創と憲法」のサロン発表がありました。

 

賛助会員の発表では、観世流梅若能楽師 井上貴美子氏と中国占星術 鑑定士 仲村思穂氏からのご講演。

懇親会では、介護福祉士として介護施設に勤務しながら歌い続けるシンガーソングライターの杉谷遥果さんのミニコンサートもありました。 

 

 

今年も、多くの出会いと気づきを運んでくれた年次大会でした。